今後のGoogle+で注目すべき5つのポイント

by 町田 龍馬 on 2011年9月9日

 

新しいソーシャルメディアとして注目を集めているGoogle+だが、現時点では個人としての利用がメインで、ビジネス・プロフィールの登場は年内と発表されている。しかし、ソーシャルメディアの専門家の多くは、今からGoogle+のビジネス・ツールとしての有用性に注目している。なぜ登場する前から、そのような注目を集めるのだろうか?

1. ビジネス・ページ

多くの企業にとってFacebookは主に公式ページの補助的な役割を果たしているが、Google+の場合、コンテンツを全てGoogle+上で運用することにより、ユーザーがシェアしてくれて一気に広がる可能性がある。なぜならGoogle+のページは、これから各種アプリケーションや、Web上のコンテンツとの連動が強化されていくから。これは企業にとって大きなアドバンテージとなるに違いない。Google+のビジネスページは、Facebookページと全く異なる、マーケティングのプラットフォームとして有用なツールになるはずだ。

2. 有名人

今、多くのファンが有名人をフォローしているのは、なんといってもTwitterだろう。しかし、これも1~2年のうちにGoogle+が取って代わるかもしれない。Google+はTwitterに比べて、ずっと自由だからだ。文字数制限なしに投稿できるし、いろいろなコンテンツを提供でき、多様なコミュニケーションがとれるというメリットがある。

クリックして続きを見る

0 comments

世界中で、多くのブランドや企業が、宣伝媒体として利用するFacebookページ。そこでは、さまざまな新企画が毎日のように生まれている。そんな中、Facebook広告や開発に関するニュース・サイト「Inside Facebook」が、今注目を浴びているFacebookキャンペーンについて取り上げている。

今回は、数あるFacebookキャンペーンの中から、ビール・メーカーのメキシコPacifico Beer Companyと、チーズ・メーカーの米Tillamook Cheeseが実施した、斬新なキャンペーンを紹介しよう。

クリックして続きを見る

0 comments

eコマースでの成功の秘訣とは何だろう? eコマースサイトの運営者たちは、ランディングページのコンバージョン率(サイト訪問者数に対して実際に取引に結びついた人の割合)を向上させるために、日々、試行錯誤を繰り返している。そんな中、Webサイト最適化の情報を提供するブログ Visual Website Optimizer が、コンバージョン率の向上方法について、興味深い記事を載せている。

<以下、Visual Website Optimizerブログ記事より一部を紹介>

人物写真(性別問わず)は、サイト訪問者の心理に何らかの影響を与えるのか? 今回、A/B testing case studies から取り上げたケース・スタディは、human photos on landing pages(ランディングページ上の人物写真)に関して、人物写真とコンバージョン率との関係を検証したものだ。

研究論文に見る、人物写真の効果

クリックして続きを見る

0 comments


バーチャルコラボレーションにおけるプロジェクトで「チーム作り」はもっとも重要である。よって、新しいフリーランサーを雇う時は、最新の注意を払う必要がある。具体的には、相手のスキルを評価するために簡単なテストをさせてもらうこと。例えば、ウェブサイト用にライターを雇いたいなら、以下のような感じでテストをお願いする。
このウェブサイトを見てください。現在のコンテンツをよく読み、このページに欠けていると思われる内容を、3-5行からなる一つの段落として付け加えてください。文体はサイト全体のスタイルに合わせてください。
こういったテストは、ある人物のスキルを把握するために当然やるべきだと言えるが、意外と労力と時間を要する。 クリックして続きを見る

0 comments

Facebookをマーケティングに活用するため、各企業がさまざまな趣向を凝らしたキャンペーンを実施している。格安航空券サイトを展開する米Orbitzは、自社Facebookページ上にあるアプリで、大変ユニークなキャンペーンを展開している。簡単に内容を紹介してみよう。

キャンペーンの概要

OrbitzのFacebookページ上のアプリケーションを用いて、ユーザーに友人を集めてもらう。キャンペーン参加者は休暇に行ってみたい旅行先の人気投票をする。参加者には抽選でOrbitzから旅行がプレゼントされる。 クリックして続きを見る

0 comments