米国の最も旬なスタートアップ「airbnb」のオフィスに行ってきました

by Takahiro on 2012年5月24日

 

こんにちは。Zen Startupの石濱です。最近髪を切りに美容室へ行ったのですが、大変な髪型になりました。米国での美容室利用はくれぐれも気をつけてください。

 

今回は米国で最も旬なスタートアップ「airbnb社」のオフィスにお邪魔してきました。

 

airbnbは 2008年にサンフランシスコで始まったサービスです。空いている自宅の部屋をairbnb ユーザ同士で(有償で)貸し借りでき、サンフランシスコ市内だけでも数百件の物件が掲載されています。見ているだけでわくわくしてしまうデザイン、安心して利用できる充実したレビュー、手間のかからない決算手続きが人気の理由です。

オフィスもすばらしいデザインであふれていました。

 

会議室です。

 

こちらも会議室です。

 

小さな小屋がありました。

 

卓球台です。僕も遊ばせていただきました。

 

キッチンです。

日本語も話せる社員のJasonさん。

クリエイティブなオフィスがもたらすもの

クリエイティブなオフィスは、従業員同士の対話を促し、迅速な意思決定を助け、考える意欲を刺激します。実際にクリエイティブなオフィスづくりに取り組んだ企業は、独自の発想によるオフィス空間・情報技術・運用制度を構築することで、様々な問題を解決し、新たな価値を生み出しています。優秀な人材も獲得しやすくなります。

 

airbnbを含め米国でのスタートアップの多くが独創性に富んだアイデアを持っています。もしかしたら、この「クリエイティブなオフィス」が彼らのアイデアを生み出している「源泉」なのかもしれません。

関連記事

Takahiro

著者プロフィール

愛知県生まれ。21歳。iPhoneエンジニア、デザイナー。サンフランシスコに留学中。Zen Startupではリサーチ、コンサル業務やアプリディレクションのサポートをしています。行動を起こせば人生が変わる。

Leave a Comment