Kloutスコアと影響力を高める6つの方法

by 町田 龍馬 on 2012年5月16日

Kloutはソーシャルメディアマーケティング・マーケティングの結果を知るために便利なツールの1つだ(過去記事:僕が実践しているTwitterマーケティング手法(7種の無料ツールを活用)。Kloutは、TwitterやFacebookなど、ソーシャルメディア上の影響力を「Kloutスコア」として数値化する。

 

判定基準は、Twitterだと、自分のつぶやきに対してフォロアーからのRTや、メンション、お気に入り登録数で、Facebookだと、自分の投稿に対してのコメントや、シェア、「いいね!」数である。また、影響力の高い人にエンゲージ(反応=メンションやコメントなど)数も数値に関わる。

 

企業のマーケターが自分で運営するアカウントのパフォーマンスを測る以外にも、Kloutをマーケティングに活かす方法はある。現に欧米では企業がマーケティング活動の一環として、Kloutスコアの高い人を優遇するキャンペーンを行なっている。

 

例えば、キャセイパシフィック航空は、サンフランシスコ空港のVIPラウンジを、Kloutスコア40以上の人に限って無料で提供。このようなKloutを活かしたキャンペーンは今後増えていく。なぜなら、Kloutスコアの高い人は、TwitterやFacebookで影響力が高く、良くも悪く企業活動に関して宣伝をしてくれる可能性が高いから。

Kloutスコアと影響力を高める6つの方法

Kloutの認知度が日本で高めれば、Kloutスコアの高い人は「影響力が高い、信頼性がある」といった感じで、ポジティブなブランドイメージを築ける可能性が高い。。よって、個人も企業もソーシャルメディアを運用しているなら、Kloutスコアを上げてるために努力すべき。基本的にはエンゲージメント率を高めることがKloutスコアに直結するが、他にも秘訣があるので、以下に6つ紹介する。

1.ターゲットにとって有益なコンテンツを作る

Kloutスコアアップで最も重要なことは、フォロアーやFacebookファンにとって有益なコンテンツを作ることだ。あなたのフォロアーがおもわずシェアしたくなるようなコンテンツをつくったり、他のサイトで見つけた情報をシェアすること。フォロアーにとってタメになるようなハウツー系の情報や、面白いと感じる記事や、写真、動画をシェアするといい。twitterでは「リンク付きの投稿は全体の6-8割にしたときがが最もRTされる」というデータがある。

 

Facebookでは、「Facebook公式サイトから直接投稿する写真」が最もエンゲージメント率が高かったので、写真の投稿を増やすべきだ。ただし、別の調査にょると、Facebookファンのフィードに表示させるためには、写真や、画像、リンク、動画、文字など、バランス良く投稿する方がいいとあった。なので、Facebookでは写真を多めに、バランスよく投稿することが大事だ。

2.コミュニケーションをとる

あなたは誠実な対応で積極的にフォロアーとコミュニケーションをとるべきだ。あなたから質問を投げかけたり、フォロアーの質問に答えたり、あなたが発したつぶやきに対しフィードバックをもらうことも大切だ。あなたが対話しようとする姿勢があればフォロアーも反応する。しかし、ある調査によると、Twitterではリプライは10−20%に留めないと、フォロワーが減るとあったので、@の割合に注意が必要だ。

3.インフルエンサーとの対話を試みる

インフルエンサーはウェブ上で人を巻き込む影響力があるので総じてKloutスコアが高い。あなたは彼らと対話しようと試みるべきだ。彼らの会話の中に入りRTや、メンションなど積極的に行おう。そうすることでインフルエンサーからの反応がある確率も上がる。Kloutスコアが高い人との会話はあなたのスコアも上げる。また、インフルエンサーに関わらず、他の人の記事のリンクを投稿するときは、その人のtwitterアカウントを含め、カジュアルな誠意を表すことをおすすめする。

4.複数のソーシャルメディアに登録する

あなたが使用するソーシャルネットワークはFacebookや、Twitterの他になにがあるだろうか? Kloutはソーシャルメディア全般からあなたの影響力を計るのでより多くのソーシャルネットワークを始めるべきだ。例えばGoogle+や、YouTube、Foursquareなどだ。新しく始めるソーシャルネットワークの友達数が少なくても構わないのでまず始めよう。

5.Tweriodで投稿すべき時間を調べBufferで予約投稿する

フォロアーがtwitterを利用する時間をSocialBroとTweriodで調べ、その時間に合わせてtweetすることで、エンゲージメント率をあげることができる。Bufferなら事前に投稿時間を設定しておき、簡単に投稿内容を予約できるので、効果的な投稿ができる。発信後はBufferの分析機能も使いフォロアーの反応具合も確認しよう。TweriodやBufferの詳しい使い方→(過去記事:僕が実践しているTwitterマーケティング手法

6.ブログを書く

ブログはtwitterと異なり字数制限もない上に、まとまった内容を相手に届けることができる。あなたが書いたブログは質が高ければソーシャルメディアで広まる。そしてそれはKloutスコアのアップに繋がる。(過去記事:ブログはソーシャルな時代だからこそ絶対やるべきマーケティング

千里の道も一歩から

Kloutスコアを上げる6つの方法は、どれも時間がかかるが、必ず成果は出るので、焦らずに取り組んでほしい。またFacebookファン数やフォロワー数よりもエンゲージメント率が重要だと忘れてはいけない過去記事:本物のTwitterフォロアーを増やす6つの方法)。

 

Kloutスコアを上げることは、影響力を高め、あなたのファンを増やすことに繋がる。影響力が高ければ高いほど、インバウンドマーケティングの効果があがるので、これからはKloutスコアがマーケターにとって重要な指標のひとつとなる。

コメント質問

他にもKloutスコアを上げる法則があればTwitter、Facebookで教えて欲しい。もちろんコメントや質問も大歓迎だ。



関連記事

町田 龍馬

著者プロフィール

25歳 起業家。米国向けにFacebook解析ツールを「ZenMetrics」を開発しながら、NetConcierge.jpのインバウンドマーケティングとFANCAM.comの日本進出を支援(http://t.co/DX58UjKS)。過去に倖田來未FANCAMと学研カレンダーアプリの企画/ディレクション、マイクロソフトのコンサル。モットーは「海外経験者や起業家精神を持った人を増やして日本を元気にする」

Leave a Comment