これがスタートアップハウス第一候補の物件!

by 町田 龍馬 on 2012年2月24日

スタートアップハウスとは?

自分が世界を変えられると本気で信じる24歳以下の起業家が住むシェアハウスで、それぞれは何らかの形で最低限の生活費を稼ぎながら、空いた時間を、スタートアップハウスの住人や外部の人とアプリ開発にあてる。いきなり世界市場を狙い、海外で成功事例をつくることにより、影響力をつけ、起業家精神をもった人や海外で挑戦する人を増やすこで日本を元気にする。

 

スタートアップハウスのリビングでイベントを週に数回行い、業界や年齢を超えた交流を行い、アプリ開発でコラボする。イベントで上げた収益を家賃にあてることで、一人あたりの家賃を3万円以下に抑える。場所は渋谷近郊の一軒家か大型マンション。24歳以下に限定した理由はコンセプトがわかりやすいし、同年や年下の方がいろんなことを気兼ねなく実行しやすいから(僕は24歳)。

ビジョン

スタートアップハウスから「世界で使われるウェブ/モバイルアプリ」を複数生み出し、自らが成功モデルとなることで、影響力をつけ、起業家と海外経験者を増やし、日本を元気にする。現代版 亀山社中。

あなたが望むのはどんな世界か?

それぞれが違った世界を夢見ている。でも世界を良くしたいという思いがあればそれだけで同志。多くの同志が一同に集結し力を合わせたらどうなるか? 世界は必ず変わる。日本の若い世代がアプリやWebサービスで世界を相手に勝負をすることで、日本の次の世代により良い未来を託す事ができるかもしれない。スタートアップハウスはそのハブとなり、世界での成功モデルを作り続ける。

決まりそうな物件

物件の写真はこちらこちらから見れます。

  • 庭付き一軒家、4SLDK、リビング24帖、家賃は16人集まれば一人4万円以下(イベント収益含むと2万以下ぐらい)、男女別部屋
  • 二段ベッドを購入してルームシェア(一部屋2−6人)
  • 代々木上原・東大駒場前駅から徒歩10分以内、渋谷駅まで自転車で10分
  • 3月末に入居を予定

※不動産屋で働く友人2名が、僕のビジョンに共感してくれ、いまは家賃交渉をしてくれている。

スタートアップハウスでの活動

  • ハウスメイト(住人)は、広いリビングを使い、毎週イベント(勉強会、セミナー、ワークショップ、ミートアップ、鍋パなど)を開催し、業界や年齢、人種、肩書きを超えたコラボレーションを生み出す(例:同じビジョンをもつクリエイターとIT業界をつないでアプリという形でコラボする)
  • イベントでの収益により家賃無料を目指し、浮いたお金をアプリの開発などに投資する
  • ブログを立ち上げ、自分たちの活動や思いを発信する(僕がインバウンドマーケティング戦略を立案し実行)
  • 海外の起業家が来日する際、スタートアップハウスのイベントに招待して、希望であれば無料で泊まってもらう
  • アプリでマネタイズするには時間がかかるので、企業勤めやフリーランスなど、何らかの形でお金を稼ぎながら、余った時間をアプリ開発に注ぐ
  • ハウスメイトは、お互いのネットワークやスキルを惜しみなく提供しあう(僕はインバウンドマーケティングやアウトソーシングなど)
  • ハウスメイトの問題を減らすために、週一で家族会議&「目安箱」設置(オンライン)

 アプリの収益分配とブランディング

  • チームごとにプロジェクトスタート時に、配分比率を決定する(途中参加のメンバーの比率もチームで話しあう)
  • チームには必ず、町田龍馬がプロデューサーとして参加し、統一したブランディングを行う
  • アプリブランドを確立させるために、全てのアプリは「Produced by Startup House」でリリースする
  • チームのアプリ開発状況はハウスメイトでシェアする

募集しているハウスメイト

  • ハウスビジョンに共感する現在24歳以下の男女
  • 起業していないくても「起業家精神」を持っている人 ※起業家精神とは課題を発見して解決しようとする精神
  • 世界で使われるアプリを作りたい人(空いた時間に)
  • 世界を変えられると本気で信じている人
  • 共通のビジョンのもとあらゆる業界の人とコラボしたい人
  • お互いをリスペクトして生活できる人
  • 最低限の生活費を稼げる人(企業勤め/フリーランス大歓迎)
  • IT業界で独立して戦うためのスキルをつけたい人

関連記事

町田 龍馬

著者プロフィール

25歳 起業家。米国向けにFacebook解析ツールを「ZenMetrics」を開発しながら、NetConcierge.jpのインバウンドマーケティングとFANCAM.comの日本進出を支援(http://t.co/DX58UjKS)。過去に倖田來未FANCAMと学研カレンダーアプリの企画/ディレクション、マイクロソフトのコンサル。モットーは「海外経験者や起業家精神を持った人を増やして日本を元気にする」

Leave a Comment