iPhone4Sはソフトバンクとauから10/14発売。iPhone4と比べて優れている5つのこと。

by 町田 龍馬 on 2011年10月5日

iPhone4Sはソフトバンクとauから10/14に発売することが決定(Apple Japan公式サイト)。残念ながらiPhone5の発売はアナウンスされなかった。iPhone4Sという名前の通り、iPhone4のデザインを引き継ぎ機能がアップした形だ。では、iPhone4から具体的にどこがバージョンアップして、どこが優れているのだろう?

iPhone4SがiPhone4と比べて優れている5つのこと

  1. iOS5との相性がいい
    Appleの新オペレーティングシステムiOS5は200を超える新機能を抱え10月12日にリリースされる。iPhone4SはこのOSと相性が最もよく、スムーズに動作する。
  2. iPad2と同じチップなので速い
    iPad2で使われているデュアルコアA5チップを搭載。今までのチップより圧倒的に動作を速くスムーズにすることが可能になった
  3. 8メガピクセルのカメラなので写真が綺麗
    iPhone4のカメラよりピクセルが60%アップした。より美しい写真を撮ることができるようになった。
  4. バッテリーが長持ち
    3G通話で最大8時間、Wi-fi利用でインターネットは最大9時間に。以前のように外出先で充電の減りを気にする必要がなくなった。
  5. ボイスコントロールが使える(英語・フランス語・ドイツ語のみ)
    音声認識によるボイスコントロールシステムを搭載。こちらはまだ日本語には対応していないが、今回発表された機能の目玉のひとつで、メールの音声入力などが可能になった。 くわしくはTechWaveの湯川さんの記事を参照。

関連記事

町田 龍馬

著者プロフィール

25歳 起業家。米国向けにFacebook解析ツールを「ZenMetrics」を開発しながら、NetConcierge.jpのインバウンドマーケティングとFANCAM.comの日本進出を支援(http://t.co/DX58UjKS)。過去に倖田來未FANCAMと学研カレンダーアプリの企画/ディレクション、マイクロソフトのコンサル。モットーは「海外経験者や起業家精神を持った人を増やして日本を元気にする」

Leave a Comment