ソーシャルメディアのアジェンダと目的を明確にすべし。KPIにとらわれすぎないこと。

by 町田 龍馬 on 2011年9月30日

最初に「アジェンダ」と「目的」という二つの語をどんな意味で用いるかをはっきりさせよう。アジェンダという語は「自分が作り出そうとしている最終的な結果」を指して用いる。目的という語は「自社のサービスや製品を通してお客さんに何を体験して欲しいのか」を指す。

 アジェンダは利益を上げること

私は、スタートアップがソーシャルメディアを用いるなら、アジェンダは「利益を上げること」であるべきだと考える。Twitterのフォロワー、Facebookの「いいね!」が増えれば確かに嬉しいが、最終的に利益を生み出さなければ何の意味もないので、アジェンダにはなりえない。

 

目的はお客さんを満足させること

ユーザーとのエンゲージメントやコネクションは、あくまで途中経過に過ぎない。ソーシャルメディアを使う一番の目的は「お客さんを満足させること」であるべき。

 KPIだけにとらわれないこと

ソーシャルメディアにおけるプレゼンスを量る(フォロワー、「いいね!」、コメント、Kloutスコアなどの)KPIsを設定することもできるが、コンバージョンに結びつかない数字は割り引いて評価しなければならない。特にファンやフォロワーの数は簡単に増えたり減ったりするので、数の増減に過度にとらわれるてはいけない。ユーザー一人一人を会社にとっての資産とみなす方が大切だ。

まとめ

ソーシャルメディアにおいて、エンゲージメントを高めるためには、多くの時間を要する。もし、製品の開発に忙しすぎると思うなら、まずはそれを優先し、ソーシャルメディアの活用は後にすべき。もしくは、ソーシャルメディアの専門家に仕事を依頼するべきだろう(上のようなアジェンダと目的を明確に伝える)。

関連記事

町田 龍馬

著者プロフィール

25歳 起業家。米国向けにFacebook解析ツールを「ZenMetrics」を開発しながら、NetConcierge.jpのインバウンドマーケティングとFANCAM.comの日本進出を支援(http://t.co/DX58UjKS)。過去に倖田來未FANCAMと学研カレンダーアプリの企画/ディレクション、マイクロソフトのコンサル。モットーは「海外経験者や起業家精神を持った人を増やして日本を元気にする」

Leave a Comment