Facebook上でライブコンサートが視聴可能に

by 町田 龍馬 on 2011年8月17日

Social Commerce Todayより

大好きなバンドのコンサートのチケットが手に入らない、なんて経験をした人はいないだろうか。こんなときにぴったりなサービスを、ソーシャル・コマースのニュース・ブログ「Social Commerce Today」が紹介している。

<以下、Socail Commerce Todayブログ記事より一部を紹介>

チケットが入手できなかったライブをなんとか味わいたい――。そんなときには、Facebook上で見られるPPV(ペイ・パー・ビュー)コンサート便利だ。Facebook上で使える仮想通貨で視聴料を前払いすれば、コンサートを生放送で視聴でき、ファンだけの特別なチャットルームでライブ終了後のバンドと会話することもできるのだ。巻き戻しや早送りなども可能で、ファンにはたまらない仕様になっている。

Social Commerce Todayより

このサービスは、米Milyoniが開発したもの。反響は上々で、同社が数カ月前にFacebook上で映画のレンタル・ストリーミング・サービスを始めたときには、「Netflix」の利用者が減ったほどだ。現在は、音楽番組『Austin City Limits』(ACL)のライブ・イベントの一部、ロック・グループ「Widespread Panic」のパフォーマンスをFacebook上の「Moody Theater」で見られる。ACLのイベントは2009年、米Huluにより、初めてFacebook上で無料ストリーミング配信され、Facebookのイノベーションに雷が落ちたような衝撃をもたらした。

Social Commerce Todayより

「実際のところ、2011年の『ソーシャル・シアター』(PPVコンサート)は、「ベータ版」であり、商品化というより、コンセプトを広める段階にある。しかし、将来性も大いに感じさせてくれる」と、Kudos Milyoniは言う。

FacebookのPPVストリーミング・サービスが成功するためのカギは、通常では手に入りにくい、プレミア感のあるコンテンツ(インタビューや対談、各種デジタル・データで提供できる商品)を用意すること、テレビ放送では得られない付加価値を与えることだと考えられる。例えば、Facebook上の「Fan Rounge」で交流が楽しめる、テレビと違って放送地域によらず世界中からアクセスできる、といったことが付加価値になるはずだ。

* * *

NBAの「Miami Heat」はFacebook上にファン・ストアを持っているが、今後はシーズンチケットを買ったファンのためにストリーミング・イベントへのVIPアクセス権などを提供しても面白いだろう。野球でいうとメジャーリーグはすでにFacebookストリーミングを実験している。今後はさまざまなスポーツや音楽のファンが、ソーシャル・シアターを楽しめるようになりそうだ。

関連記事

町田 龍馬

著者プロフィール

25歳 起業家。米国向けにFacebook解析ツールを「ZenMetrics」を開発しながら、NetConcierge.jpのインバウンドマーケティングとFANCAM.comの日本進出を支援(http://t.co/DX58UjKS)。過去に倖田來未FANCAMと学研カレンダーアプリの企画/ディレクション、マイクロソフトのコンサル。モットーは「海外経験者や起業家精神を持った人を増やして日本を元気にする」

Leave a Comment