個人を雇うかチームを雇うか?

by 町田 龍馬 on 2011年4月21日

Lathe operator machining parts for transport planes at the Consolidated Aircraft Corporation plant, Fort Worth, Texas (LOC)
Creative Commons License photo credit: The Library of Congress

アウトソーシングサイトには通常2種類のワーカー、つまり個人とチームのワーカーがいる。個人を雇うメリットは、自分がどんな人と働いているか、どんなワークスタイルなのか把握しやすいということだろう。もし長期に渡る仕事で時間単位の契約を望んでいるなら、ワーカー個人と交渉すれば費用をさらに抑えることができる。

さらに個人を雇うなら、何人もの社員を抱える会社と契約するよりもプロジェクトをコントロールしやすいというメリットもある。一方、会社組織はより訓練され、組織的であり、アドバイスや指示を求めたりしやすい環境が整っている。僕は、特に長期に渡るプロジェクトを手がける場合には、個人を雇う方がメリットが大きいと思う。

 

関連記事

町田 龍馬

著者プロフィール

25歳 起業家。米国向けにFacebook解析ツールを「ZenMetrics」を開発しながら、NetConcierge.jpのインバウンドマーケティングとFANCAM.comの日本進出を支援(http://t.co/DX58UjKS)。過去に倖田來未FANCAMと学研カレンダーアプリの企画/ディレクション、マイクロソフトのコンサル。モットーは「海外経験者や起業家精神を持った人を増やして日本を元気にする」

Leave a Comment